Home » nocategory » 脱毛で毛嚢炎になったらどうするの?

脱毛で毛嚢炎になったらどうするの?

自分でムダ毛を処理するときに使用するものとして、カミソリや毛抜き、テープなどがあります。自宅で気軽に脱毛ができるため、多くの女性が使っているかと思いますが、間違った処理をしてしまうと思わぬ肌トラブルが起きてしまうことがあります。

よくある脱毛での肌トラブルとして、毛嚢炎があります。これは皮膚炎の一種でブツブツが肌にできます。毛穴の内部にブドウ球菌が入り込み、それが炎症を起こすために起こる肌トラブルです。一見ニキビにも見えますが、毛嚢炎は原因のほとんどがムダ毛処理で傷ができることです。カミソリで深剃りや逆剃り、毛抜きやテープで傷を作ることにより、毛嚢炎になることがあります。原因となるブドウ球菌は、常に肌にいる皮膚常在最近の一つなので、誰でも起きてしまう肌トラブルです。

自宅でのケアだけではなく、クリニックでのレーザー脱毛でも毛嚢炎になる可能性はあります。レーザー光を照射することで、熱が毛穴の周囲の皮膚に火傷のような炎症が起き、毛穴の中にブドウ球菌が入り込むことがあります。クリニックで脱毛を行った場合、そのような症状が出たら医師の診察を受けることができます。診察を受け、必要があれば内服薬と軟膏を処方してもらえます。薬の処方は無料のため、安心して受けることができます。

格安でもアフターケアの手厚さもあり肌トラブルの起きにくい、山形安い脱毛ランキングに掲載されている脱毛サロンに人気が高まってきています。万が一、肌トラブルが起きたらすぐに皮膚科で医師に診察してもらい、正しい処置を受けることが一番です。